2008年06月06日

二重まぶた

二重まぶた埋没法のデメリットと気をつけるべきこと

手軽で安全に
できるといわれている二重まぶた埋没法ですが、デメリットが
全くないというわけではありません。しかし事前に二重まぶた
埋没法
のデメリットを把握し、対策を考えておくことでリスク
を軽減することができます。まずは手術を受けるクリニックが
どういう施術方法を使うのかをしっかり確認しておくことが大
切です。

最新の研究で
新しい二重まぶた埋没法の技術も生み出されているからです。
誰でも手軽にできるのが二重まぶた埋没法ですが、その分いろ
いろと限界もあります。二重まぶた埋没法の場合は、基本的に
はまぶたの奥の部分に脂肪が少ない人に向いています。つまり
二重が作りやすい人に向いているのです。その反面腫れぼった
いまぶたの人やまぶたの厚い人はうまく二重にならないことが
あるようです。けれど一カ所でできないと言われたからといっ
ても、クリニックによってできるところ、できないところがあ
りますので、すぐに諦めることはありません。

二重まぶた埋没法の
メリットとして、術後の腫れがほとんどないということがあり
ますが、誰でも腫れないというわけではありません。人によっ
ては術後数日の間、まぶたが腫れることがあります。また、糸
を埋め込みますので軽い異物感が生じることがあります。

元の状態に戻りやすいと
いうデメリットが二重まぶた埋没法にはあります。最近では様
々な工夫がされて、戻らないようになっていますが、完全な保
証ではないので注意しましょう。ですから元に戻ってしまった
時に手術がやり直しできるかどうかと、その際の料金はどうな
るかということを、あらかじめ確認しておくことが必要だとい
えるでしょう。
posted by きれいになりたい〜 at 16:11 | TrackBack(0) | 二重まぶた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
エステ - お得なクーポン情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。