2008年06月24日

脇の多汗症

脇の多汗症手術にはボトックス注射

多汗症対策として、
手術
によって原因を取り除くというやり方もあります。
多汗症の治療ボトックスを注射するものかあります。
手術を受ける時はよく調べてから行いましょう。多汗症
手術
の必要性は、納得のいくまで考えるべきです。十分
にカウンセリングを受けて、多汗症対策にはどういう対
処法が一番あっているかをよく考えてからボトックス注
を受けるべきでしょう。

多汗症対策としての
ボトックス注射は、脇に対しても効果があります。ボト
ックスの働きによって神経伝達の一部をブロックします。
これにより交感神経からの発汗作用が抑制されます。脇
の下の数箇所に注射するだけですので、10〜20分程度で
終わります。メス使わない手術なので痕が残ることはあ
りませんし、痛みもほとんどありません。短時間で済む
こともあり、手軽に受けることが出来る手術です。

ボトックス注射による
脇の多汗症手術にもデメリットはあります。ボトックス
注射
の効果は一時的なものなので、永久に効果を発揮さ
せることはできません。効果は数ヶ月から一年程度です。
ボトックスはボツリヌス菌から作られている製剤です。
アメリカの安全基準でも認められた世界でも安全性の高
い薬品ですが、高価なので類似品が出回っています。自
分自身の多汗症の程度や内容を見極めて、ボトックス注
による脇の多汗症の治療をするべきかどうかを決めま
しょう。
posted by きれいになりたい〜 at 06:51 | TrackBack(2) | 脇の多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

脇の多汗症対策について

脇の多汗症対策について

脇の多汗症
を治すには何をすべきでしょうか。まず、不安感や緊張を解きほぐし、リラックスを心がけましょう。精神性発汗での多汗症は、マインドコントロールが大事です。物事をいつまでも気にせず、フラストレーションは発散させましょう。また、脂肪分の多い肉類や冷たいものは控えた方がいいでしょう。辛い食べ物や刺激物などを見直すことも脇の多汗症対策になります。

皮脂腺から
分泌される皮脂は肉類などの動物性脂肪の影響もあるので、汗の量だけでなく汗の臭いにも関係します。脇の多汗症対策には制汗剤の利用も効果的で、特にデオドラント効果のある制汗剤が良いようです。

脇に汗をかくと
肌表面の雑菌が分解されてニオイが発生しますが、このニオイを防いでくれるのが制汗剤です。制汗剤は使用しすぎると菌が減少しすぎて逆に増殖し、脇に肌荒れなどがおこる場合があるので注意が必用です。

肌を清潔に保つ
ことも脇の多汗症対策には重要なポイントです。汗をかいたら洗い流すか、タオルやハンカチ、市販の汗取りシートなどを利用することをお勧めします。

精神的発汗が
多汗症の大きな原因を占めている人の場合は特に、汗をかいても大丈夫という気持ちが大切です。汗染みの目立たない吸水性のいいシャツを着るといいでしょう。

多汗症対策で
心がけることは、汗をかいても気にしない環境を作ることといえます。汗をかいても大丈夫と思うだけで、発汗の量が減る人もいます。
posted by きれいになりたい〜 at 08:57 | TrackBack(0) | 脇の多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

脇の多汗症

脇の多汗症になる原因

多汗症
のメカニズムを知っている人は、それほど多くはない
ようです。まず脇の多汗症になる原因として考えられるのが
精神性発汗で、ストレスや緊張を感じたときに汗が出るものです。

脇の多汗症は、
精神的発汗の中でも限定されたから過剰に
汗が出る、いわゆる局所性多汗症の一種です。手のひらや足の裏、
顔面などの場合もあります。

交感神経は
汗腺の働きを活性化させ、汗をかきやすくさせる
作用がありますが、この交感神経は不安を感じたり精神的な緊張で
動きが強くなります。また、細かなことを気にしやすい人や、
性格が優しい人、完全主義の人などは精神的発汗が起こりやすい
ようです。

ホルモン分泌の
乱れが原因となって、脇の多汗症の症状が出る人も
いるようです。発汗をコントロールしているのは自律神経で、
この自律神経はホルモン分泌の影響を大きく受けています。

ホルモンの乱れによって
自律神経の働きが乱れ、体温調整機能の
失調によって多汗症が引き起こされることがあります。ホルモン
バランス乱れは、更年期障害などが影響していることもあります。
更年期のために女性ホルモンの分泌量が減少し、多汗症
引き起こすのです。

喫煙や不規則な
生活習慣、コーヒーや辛いものなどの刺激物の
摂取が多汗症の原因にもなりえます。交感神経は活動が活発に
なると体内の汗腺を刺激し発汗を促しますが、緊張や不安だけ
でなく、ニコチンやカフェインなどの刺激物も交感神経を刺激する
作用があります。原因を特定することができれば、
多汗症への対処や予防が容易になるでしょう。
posted by きれいになりたい〜 at 14:03 | TrackBack(0) | 脇の多汗症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
エステ - お得なクーポン情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。